Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アゲるテレビ】出演しました。
すんごく久しぶりの更新です;

ところで昨日、フジテレビ「アゲるテレビ」にちょこっと出演させていただきました。
テーマはこの夏の渋滞対策について。
時間もあまりなく、たいしてお役にたてるようなコメントができなかったのが
返す返すも残念。

しかし、一番残念なのは、緊張度MAXで、がちがちだった自分ですが(><;)

というわけで。
昨日のOAでカットされた内容の一部をご紹介しつつ、何回かに分けて書いていこうと思います。

このお盆時期の渋滞・車内での熱中症対策。
また、クルマのトラブルについて、多少なりともお役にたてたらと思います。

===

まず最初にクルマのトラブルについて。
JAFの統計によると、クルマのトラブル上位は下記だそうです。

1位 バッテリーの過充電

過充電ってよくわかりませんよね。
簡単に言うと、容量を超えて使いすぎることなのですが。
夏や冬に多いトラブルです。

渋滞まっただ中、更にここ数日の猛暑もあり
クーラーをガンガンかけることは誰しもありがちですが
クーラーだけでなく、渋滞中に暇つぶしのために観るDVDや、
渋滞中のブレーキランプだって電気を消費してるのです。

ちなみにバッテリーの発電容量をクルマに換算すると
・小型車では約40~60アンペア
・ファミリーに人気のワンボックスは60~80アンペア
もの電気を
一時間に消費しています。

一般的なバッテリーの耐用年数は約3年と言われていますが、
そこに来てアスファルトの高温化。
バッテリー液が蒸発しやすくなる環境などが重なると…。

最悪、プラグに引火→爆発する危険もはらんでいるのです。コワイ…;

近年ではメンテナンスフリーのバッテリー液も出回っていますが、
やはり日ごろからバッテリーをチェックしておくことはとても大事ですね。

バッテリーのチェックは簡単☆
・外から見て、バッテリー液が均等に入っているか
・上と下の線の範囲内に入ってるか
※イマイチなら補充

・上にある蓋を外して中をのぞく
液はキレイか?

また、外観的にもプラグ部分に鉄粉などがたくさんついていたら
交換時期かもしれません。

ご自身でやると同時に、ガソリンスタンドなどでもチェックしてもらえますので
ぜひ確認してみてください。

===
次回はタイヤトラブルについて。
タイヤは高速道路でのトラブル1位・総合2位なんですよ~。
じっくりご紹介していきたいと思います!





テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。