Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋滞について@今年は少なかった!
ようやくお盆休みも終わり、
また日常を取り戻しつつある今日この頃ですね。

ちなみに今年のお盆休み中、激しい渋滞が大幅に減っていた、という
ニュースがありました。
高速の激しい渋滞27回

私も先週末、伊豆へ行きましたが
たしかに渋滞という渋滞には出くわすことなく戻ってきました。
逐一渋滞情報をチェックしつつ、時間調整をしたことも要因ではありますが、
やはり全体的に分散傾向という印象でした。

そういえば、時間調整にこんなステキなイベントにも遭遇。

写真 (1)

修禅寺キャンドルナイト・和太鼓演奏を堪能。
素晴らしかった。

その後、帰路についたわけですが
やはり渋滞は起きていて、その先には故障車&事故車というトラブルが発生していました。

しかし、それだけではなく
必ず渋滞が起きるポイントがあるんですよね。
東名だったら大和トンネル付近。
秦野中井周辺。

中央道では猿橋バス停付近・小仏トンネル周辺。

これらのポイントに共通しているのは「ゆるい登り坂」「カーブの多い下り坂」

原因はいろいろあるんですけど、結局のところ
ドライバーのスピード感覚を養う必要性があるように思います。
とりわけATはスピードを感じにくいようですが、
このスピードに対する感受性を養ってほしいものです。

「この先渋滞終了」「速度回復願います」という電光掲示板。
一昔前にはなかった、これらの掲示板が必要になっている背景には
ドライバーの感受性が関係していると思われてなりません。

まだまだ夏休みは続きますが、ひとりひとりのちょっとした心がけで
楽しい夏を過ごしてくださいね。

※タイヤトラブルについては次回!(すみません;)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。