Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況になると増えるもの。
この年末、とにかく不況と言われていますね。
就職内定者の相次ぐ取り消し、さらに大手会社のリストラ問題。HondaがF1から撤退するというニュースも衝撃的でしたね。(ああ、セナの魂はいずこへ……泣;)
派遣社員の大幅削減も、身につまされる思いがします。

フリーランスの私は、そんな突然の危機に動揺することはなくなったけれど、正直、仕事に関しては毎日ストレスとの戦い★

雇われるのと、フリーとして生きるのと、気持ち的にどちらが安心できるのか……。
まだまだ、人生経験未熟な私にはよくわかりません。

しかし。
この不況の中、人が集まりはじめている職種があります。
それは「タクシードライバー」。
12月に入り、古巣の多摩コースでは、普通二種免許養成の人達がぐんと増えてきたらしいのです。
この現象は今回に限った事ではなく、以前、10年くらい前にも早期退職者が相次いで入所してきました。
確かに、福利厚生もしっかりしていて、最低限の賃金も保証されるタクシードライバーは、とにかく安心できる仕事かもしれませんね。

けれど、増え続けるドライバーと、反面、不況でタクシーを利用しなくなった企業や個人とのバランスをとるのは非常に難しく、晴れて一人前のタクシードライバーになっても、稼ぎが悪いとすぐにやめてしまう人も多いのが現実。

だからこそ、タクシー会社はひっきりなしにドライバーを募集している、というわけですが、続ける続けないは別としても、普通二種免許はいざという時のために、持っていて損はなし!

というわけで、「転ばぬ先の二種免許」。
当たり前ですが、私も大型ニ種まで持ってますので(笑)
食えなくなったら、タクシーかバスか、はたまたトラックでも転がしちゃおうかな。

モンゴルの遊牧民のごとく、将来、アメリカかオーストラリア辺りで長距離トラッカーになってるかもしれません(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなわけで、これからニ種免許を目指すみなさま☆
去年執筆した「第二種免許・見て即マスター!技能学科一発攻略」(日本文芸社)が、来年1月にリニューアル発売されます。
※私の古巣・多摩コースでも参考書籍として用いられ、北海道から来た二種免養成の人が、この本を持って練習に来たという話もあったりして(笑)

二種免入門のガイダンスブックとして最適な一冊!ぜひお買い求めくださ~い(^0^)☆

nishu1.jpg











テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。