Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八王子教習所が倒産。
八王子自動車教習所:破産へ 受講生1500人、料金返還額は不明 /東京

指導員の元同僚から飛び込んできたニュース。

正直、前々から、この教習所はやばいという噂がたってたんですよね。
昔は都内で受講生が一番多かったという、八王子教習所。
しかし、何年か前には八王子ICそばにあった、同教習所の兄弟校もなくなったし、八王子ライダーズスクールも3年前には姿を消していた。(あれって、出来たのって10年位前じゃなかったかな。もっと経つかな?)

そのころ、期間限定で格安料金キャンペーンをしていたけれど、あまりにも希望者が殺到して、教習予約が取れなくて大ひんしゅくだったことも。
あぶれた生徒さんがウチに再入所してぼやいていた。

教習業界。ほんと、自転車操業なんですよね。
かく言う私も、実は公認時代、いきなり人員削減で解雇された口。
(でも、ちゃんと前々から告知されてた)

しかし、資金難とはいえ、こんな理不尽なやり方は如何なものか。

生徒さんだって、指導員の人達だって、この不況下にいきなりおっぽり出されるんだから、たまったもんじゃない。本当にお気の毒。
たぶん、その中には私と同期で、仲良かった指導員もいるはずだから、本当に心配。
前々から予兆がなかったわけないんだから、こんな理不尽なやめ方する前に、なんで入所制限するとかしなかったのかしら。
(実際、都内には年内閉鎖を告知し、キチンと入所制限をしている公認教習所があります)

それなのに。
「せめて、教習生が卒業するまで面倒をみるべきだ」と、一部の指導員が訴えているという話も聞いて、これが本来の教育者としてのあり方だと思った。自分たちがいきなり解雇になったというのに、それよりもまず生徒さんの事を考えるという姿勢。それこそが指導員魂。

が、経営陣は、そんなプライドさえも捨てちゃったんですね。
どっかの海外留学斡旋スクールの経営者みたい。

残念でなりません。

※ちなみに、近年、教習所の倒産は珍しい事ではなく、高度成長期に一気に増えすぎた公認教習所は、淘汰される時期に来たようです。
しかし一時期おさまっていたけど、この不況時、また増える可能性があります。
(実際、今回とまったく同じ例で再入所してきた生徒さんも過去にいました)

公認教習所は、公安委員会から教習委託を受けている企業です。
教習料金値下げキャンペーンを頻繁にしたり、指導員に覇気がなくなってきたら気をつけてください。

もうひとつ。
明日の説明会でも話はあると思いますが、同校で仮免許を取得していた人は、とにかく自分の仮免許を返還してもらい、再入所できる場所を探してください。
※誤解されている部分が多いのですが、教習所期限の9ヶ月と、仮免許の期限は全く別物であり、仮免許期限は交付から6ヶ月間有効です。残っていれば、その間に本免許を取得すれば問題ありません。
受け入れ先は東京都指定教習所協会で尋ねてみてもいいと思います。
(ただし、再入所金などが発生するかもしれません)
http://www.tadsa.or.jp/


また、個人教習所や特定届出教習所なら、臨時教習として受け付けてくれるところもあります。
三多摩地区にはコマツドライビングスクールをはじめ、私の古巣・多摩コースなどがありますので、問い合わせてみて、納得された上でご利用されてみてもいいかもしれませんね。
http://www.komatsu-ds.com/
http://www.tama-course.com/

※あくまでも一例です(当方は一切の責任を負いません)

本当に大変だと思いますが、最後までがんばってください。

テーマ:教習所 - ジャンル:車・バイク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。