Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要なもの。
先日、久しぶりに地元へ。


ワタシの地元は八王子。
ちなみに現在の住まいから、調布で特急に乗り換えたら、1時間もかからない場所なんだけど、最近はどうにも遠く感じてしまい、足も遠のきがち。
「オマエさあ、たまには顔出せよ!」と、地元の友人に突っつかれるのだけど、あまり何度も言われると、余計に行きたくなくなるという勝手な性格(笑)

すみません。

でも、たまに行くと新鮮。

酔った親を家まで送り届けた後、黄金色に色づき始めた銀杏並木の甲州街道を久々に走った。
そういえば、教習していた頃は、よくこうして夜の道を、あてもなくフラフラ走ってたなあ……。

毎日、休みもなく朝から晩まで教習していた頃。
さすがに疲れて、息抜きとばかりにあっちこっち走ったっけ。
クルマにはいつも「温泉グッズ」を入れていて、通りがかりに見つけた日帰り温泉に飛び込んでみたり、またあるときは月を追っかけてたら、いつの間にか山中湖にいた事も。

ワタシにはやっぱり、そんな時間がないと駄目らしい。
最近、日々に追われて、自分のバランスが崩れている事にも気がつかなかった。
クルマという空間と、ドライブを愉しむ時間は、ワタシにとって人間の三大欲望より必要らしい。
どんなにオンボロのクルマでも、ハンドルを握れば、ボディに大きな羽がくっついているように感じるのだ。
(やっぱり、おかしいのかも……)


それはともかく(笑)

月明かりがキレイな秋の夜。
自分の原点にあらためて気付けた、地元でのひとときなのだった。





テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。