Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライビングアドバイザーの理由。
先日に続き、今回もまたダラダラと長い話になってしまうのですが(笑)

ところで。

ワタシが現在、何故に「ドライビングアドバイザー」と
名乗っているかとい言いますと、まあ、純粋にクルマ好きでありますが、
「モータージャーナリスト」ではない。
元レーサーとかでもないし、そもそもメカニックに関して膨大な知識があるわけじゃないから。(難しいのキライだしw)
元々畑がちがうんだもん。

とはいえモチロン、
クルマの造形美やパワーに魅力を感じてはいるのですが、
興味があるのは形ではなく、クルマを操る「人のココロそのもの」。

先日のBlogでも書きましたが、
クルマの運転って、実はとてもスピリチュアルなんですよね。

しかし、コレが最近様子が少々変わってきているようで、
おまけにそんな状況は、どうやらクルマ社会に限ったことではないらしい。


というのも。

実は最近、「めざせ陸・海・空制覇!!」と言わんばかりに
ヨット・クルーザーなどの世界に首を突っ込んでおりまして
(空がない、空がww)
その中で知り合った、パーティクルーザーのキャプテンに
色々お話を伺ったのですが、近年免許を取ったであろう、
ボートオーナー達のマナーの悪さには、ほとほとココロを痛めている様子。

まあ、乗るものが乗るものだけに、一部にはチョット●●●●
(ご想像にお任せw)な人がいるとも思いますが、
先日行われた東京湾花火大会でも、周りの船も気にせず
われ先にと場所取り。
あちこちで小競り合い・面倒が起きたそうな。

「最近はカンタンに免許を取れるのはいいけど、大切なことを
教えてないんですよね」
キャプテンが言ったコトバに、ワタシは
「げっ★海でも?!」とビックリしました。

というワケで、話を陸に戻しますが(笑)

教習のなかで、ワタシが伝えたかったのは、
テクニックはもちろん、もっと大切なこと。

たとえば横断歩道を渡ろうとしている人を見かけたとき。
手前でクルマを停めていますか?
緊急自動車が来たとき、道を譲っていますか?
また、「ちょっと飲んじゃったけど、近くだからいいや」
と思ってハンドルを握っていることはないでしょうか?

人の失敗をつつき、あざ笑い、自分のコトは棚に上げ。
何か起きても「みんなやってるんだからいいじゃない」、と
思ったことはありませんか?

ちなみに最近、メディアなど世間で騒ぎたてているのが
「北京オリンピックを控えた、中国のマナーの悪さ」。
しかし、最近の日本人もドライビングに関して言えば、
同じ先進国のアメリカやヨーロッパの人達からどう思われてるか、
ご存知?

いくらいいクルマに乗っても、そのココロが変わらない限り、
単に宝の持ち腐れ。
いくら厳しい法律を作っても、ジブンの中で法律を作っている人達に、
日本の道交法は通用しません。

じゃ、本当に大切なものは?

ということを探求すべく、自分自身を鍛え、
理解していること・理解出来たことを表現できたらと思い、
教習から一歩外に出て、ドライビング・アドバイザーと
名乗ることにしたのでした。

(あ~~長かったww)

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。