Driving-adviser.com
自転車からクルマまで・カーライフ全般をアドバイス

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いオンナでごめんなさい?
ゆうべ、仕事の帰り道。
ぽつぽつと降り始めた小雨の中に混じる桜の花びらを避けながら、
地元駅前にある本屋さんに駆け込み、
今週後半に行く予定の大阪から下呂への道程を調べるため、
電車の時刻表を買いました。

しかし。
ついつい、ワタシの足は「クルマ雑誌」の棚に向かってしまう(笑)

最新のクルマが載っている雑誌は数あれど、
ワタシが手に取るは「CG」「ノスタルジック・ヒーロー」。
ワタシの両隣には、同じくクルマ雑誌を読んでいる男子
(おおむね30代から上)たち。

ちょっぴり気恥ずかしさも覚えつつ、それでもページをめくるごとに現れる旧車たちと、綴られている文章にドキドキ。

モータージャーナリストさんの文章って、とてもロマンティックでステキなんですよ。

しかし。
片手に電車時刻表・片手にクルマ雑誌って……こんなワタシって……。

B000NCJLW8.01.jpg


昔からクルマの趣味は旧車。
「エンスー」= 旧車マニア揃いだった、友人たちの影響が大きいのですよね。
「トヨタS800=ヨタ8」からはじまって
「TE27」「37」「LB」etcetc……。
(全然わかんないですよね、きっとww)

20年ちかくも前のことなのに、
その当時さらに旧車に乗っている連中に囲まれ、
箱根にツーリングともなれば、行く先々で5,60代のオジサマたちが群がり、
「おおお~~~!!!」っと泣いて感動される。
まさに「永遠のやんちゃ坊や達」って感じ(笑)

旧車も大好きだけど、クルマをモチーフにオメメをキラキラさせながら、
若かりしころの話に夢中になっている人達の話を聞いているのも好きでした。


というわけで。
ワタシはそんな古いオンナでございます。

いけませんかね?

※ちなみにエンスー=「エンスージアスト」。
クルマ用語だと「自動車を愛好するあまり、レストア、メンテナンス、
チューニングを自らの手で行う事に喜びを感じる」と、wikipediaにはあるのですが。

元々はギリシア語enthousiasmosが語源。エンスージアストの元となった語、エンスージアズム(Enthusiasm)は古来、「霊感(インスピレーション)、(霊などに)とりつかれること」を意味し、
エンスージアストは「霊にとりつかれた人」を意味するとか。

ひょええええ~~~~(++)★

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BC

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cerebdriving.blog85.fc2.com/tb.php/12-9ad2f8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。